やっぱり、嵯峨野に行こう

著者名

瀬戸内寂聴

判型

四六変上

定価

1512円(本体1400円+税)

発売日

2013/10/25

ISBN

9784594069384

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

流麗なる随筆とともに、四季折々の自然を感じる薫り高い一冊。旅のおともに、人生を見つめ直したいときに、気持ちを落ち着かせたいときに必読。今、歩いてみたくなる嵯峨野・嵐山map付き。

著者プロフィール

NoImage

瀬戸内寂聴
1922年徳島市生まれ。東京女子大学卒業。1961年「田村俊子」で第一回田村俊子賞、63年「夏の終り」で女流文学賞。1973年中尊寺で得度受戒。1987年岩手県浄法寺町天台寺住職に就任(2005年まで。現名誉住職)、敦賀女子短期大学学長に就任(1991年まで)。1992年「花に問え」で第28回谷崎潤一郎賞、1996年「白道」で芸術選奨文部大臣賞、文化功労者となる。1998年NHK放送文化賞、2001年「場所」で第54回野間文芸賞、2002年新作歌舞伎「源氏物語 須磨・明石・京」で第30回大谷竹次郎賞、2006年イタリア国際ノニーノ賞、文化勲章受章。2007年比叡山禅光坊住職に就任。2008年坂口安吾賞受賞。徳島県立文学書道館館長、宇治市源氏物語ミュージアム名誉館長。代表作に『瀬戸内寂聴現代語訳源氏物語』『瀬戸内寂聴全集』『比叡』『釈迦』『秘花』など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ