ぼくらの真実

著者名

青山繁晴

判型

四六判

定価

1760円(本体1600円+税)

発売日

2014/12/27

ISBN

9784594069827

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
青山繁晴 ぼくらの真実

この本の内容

拉致問題、北方領土問題、竹島問題、赤珊瑚密漁問題等が解決しないのには致命的なわけがある!

これらの問題はすべて「根っこ」でつながっている。なぜ拉致被害者を北朝鮮まで奪回に行かないのか? なぜ中国漁船の赤珊瑚密漁を指をくわえて見るだけのか?超ロングセラー『ぼくらの祖国』。その原点中の原点をえぐり出す、いわば正編の登場。



これは、長く語られなかった真実について、いちばん根本的なことどもに絞って記す書物です。
アジアに立つわたしたちの日本はかつて外国と戦い、アメリカに対して史上ただ一度きりの敗戦を喫しました。永い歴史で初めてのことだっただけに、そのあとずっと、老いも若きも思い込まされ、思い込んできたことがあるのではないか。それを放っておけば、いつまでも続き、子々孫々までを誤らせるのではないか。
 これまでの立場や世代の違いを乗り越えて共に真っ直ぐ考えてみることだけが、この書物の目指すところです。
——————本文より

著者プロフィール

NoImage

青山繁晴
作家、参議院議員、新しい議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)代表、東大自主ゼミ講師(元非常勤講師)、近畿大経済学部客員教授。神戸市生まれ。慶大文学部中退、早大政経学部卒業。共同通信記者、三菱総研研究員を経て、独立総合研究所(独研)の代表取締役社長・兼・首席研究員。2016(平成28)年、独研を退き参院選に当選。現在2期目。著書に、ロングセラー『ぼくらの祖国』(扶桑社新書)、『不安ノ解体』(飛鳥新社)、『戦――TELL-ALL BOOK』(ワニブックス【PLUS】新書)のほか小説の『平成紀』(幻冬舎文庫)、『夜想交叉路』(扶桑社)がある。現在、青山繁晴チャンネル「ぼくらの国会」をYouTubeで配信中。

シリーズ一覧

ページの先頭へ