保守の心得

著者名

倉山満

判型

新書判

定価

821円(本体760円+税)

発売日

2014/03/04

ISBN

9784594070038

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

中韓米露といった他国に振り回されない方法はただ一つ。自らの手で「敗戦国」から脱却し、「成熟した保守」を築きあげることである。そのためには、最低限、憲法、財政、外交について知っておく必要がある。本書は「日本のために何かをしたい」と願いながらも、何をすればいいのかわからない人をターゲットに書かれた、いわば、学校では絶対に教えてくれない「保守入門」の書なのである。

著者プロフィール

NoImage

倉山満
1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。 在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、同大学で日本国憲法を教え現在に至る。日本近現代史の泰斗でもある鳥海靖教授に師事し、 同教授の退任に伴って同大学院を退学。2012年、希望日本研究所所長を務める。著書に『誰が殺した? 日本国憲法! 』(講談社)、『検証 財務省の近現代史』(光文社) 、ベストセラーになった三部作『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』『嘘だらけの日韓近現代史』(ともに小社)など。現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」でも積極的に言論活動を行っている。

シリーズ一覧

ページの先頭へ