明治日本のナイチンゲールたち
世界を救い続ける赤十字 「昭憲皇太后基金」の100年

著者名

今泉宜子

判型

四六判

定価

1620円(本体1500円+税)

発売日

2014/03/28

ISBN

9784594070236

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

開発援助の先駆けとして世界中でその先見性を評価されている「昭憲皇太后基金」。ベラルーシ、リトアニア、バヌアツでの基金の使われ方をレポートしつつ、100年以上にわたる日本の国際援助の歴史を紹介する。

著者プロフィール

NoImage

今泉宜子
昭和45年岩手県生まれ。明治神宮国際神道文化研究所主任研究員。東京大学教養学部比較日本文化論学科卒業。雑誌編集者を経て、國學院大學で神道学を専攻、平成12年より明治神宮に所属。平成19年、ロンドン大学SOAS博士課程修了。博士(学術)。平成21年9月より一年間、フランス国立社会科学高等研究院客員研究員。著書に『明治神宮 戦後復興の奇跡』(鹿島出版会、平成20年)、『明治神宮 「伝統」を創った大プロジェクト』(新潮選書、平成25年)

シリーズ一覧

ページの先頭へ