韓国人による沈韓論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

『韓国人による沈韓論』について

本書のタイトルはセウォル号沈没事故を連想させるかもしれませんが、本書には事故の犠牲者や遺族を冒涜しようという意図は全くありません。セウォル号沈没事故で浮き彫りになった様々な問題が、韓国という国が抱える問題の象徴であると考え、そうした問題について、より多くの人に知ってほしいとの願いと、著者の強い希望もあり、タイトルにあえて「沈」という文字を採用しました。

セウォル号沈没事故の犠牲者に衷心より哀悼の意を表します。

編集部

この本の内容

20万部突破! 話題騒然となった『韓国人による恥韓論』待望の第2弾!

なぜ、私の国は、同じ過ちを性懲りもなく繰り返すのか?
絶望的なまでの不信社会。正しきもの、弱きものがここでは生き残れない!

生粋の韓国人である著者が、社会的生命を賭け、自らが暮らす自国の〝病〟を暴露し、日韓に横たわる無数の溝を冷徹にえがいた稀有なる文明論に続く本作は、セウォル号の「沈」没事故と、「韓」国の反日思想の類似点を検証し、両者が酷似することを曝け出す。

目次

はじめに なぜ、私の国は、大きな過ちを性懲りもなく繰り返すのか?

■序 章 「汝、己を知れ」――韓国を映し出す「鏡」

■第一章 「反日」と酷似するセウ...
続きを見る

著者プロフィール

NoImage

シンシアリー
累計70万部突破著者が、 華やかなエンタメの裏にある「本当の韓国」を、最新ニュースとともに鋭利に分析! ・無気力な若者=「Nポ世代」 ・蔓延する拝金主義と社会不安 ・親が金持ちかどうかがすべてという「スプーン階級論」 ・子供なんて育てられない=脅威の出生率「0・78」 ・信念なき政権と政治不信 ・「お前もフェミニストか?」=憎み合う男女 ・家計も企業も借金まみれetc. 「怒り」が「分断」を呼び「絶望」に至る―― 急速に“老化”する韓国社会の姿は、日本の未来かそれとも? 第一章 韓国の絶望 第二章 怒りから分断へ 第三章 異次元の「合計出生率0.78」 第四章 崩壊する価値観 第五章 韓国の闇金=私金融(サグミュン) 第六章 限界企業 第七章 絶対に変わることのない「反日」 最終章 日本の希望

シリーズ一覧

ページの先頭へ