中国食品工場のブラックホール

著者名

福島香織

判型

新書判

定価

836円(本体760円+税)

発売日

2014/09/02

ISBN

9784594071189

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

上海福喜事件を受けて緊急出版!まだある中国食品工場の深い闇    


世界を震撼させた期限切れ肉流用事件。他にもメラミンミルクや下水溝油、偽食品がなぜ絶えないのか。厳罰化では抑止できない背景を、中国の食の安全事情を熟知する著者が解説。

著者プロフィール

NoImage

福島香織
ジャーナリスト、中国ウォッチャー、文筆家。1967年、奈良市生まれ。大阪大学文学部卒業後、1991年、産経新聞社に入社。上海復旦大学に業務留学後、香港支局長、中国総局(北京)駐在記者、政治部記者などを経て2009年に退社。以降はフリー・ジャーナリストとして月刊誌、週刊誌に寄稿。ラジオ、テレビでのコメンテーターも務める。主な著書に『潜入ルポ 中国の女』(文藝春秋)『中国複合汚染の正体』(扶桑社新書)『中国絶望工場の若者たち』(PHP研究所)『本当は日本が大好きな中国人』(朝日新書))権力闘争がわかれば中国がわかる』(さくら舎)『孔子を捨てた国』(飛鳥新社)『赤い帝国・中国が滅びる日』(KKベストセラーズ)『「中国の悪夢」を習近平が準備する』(徳間書店)などがある。月刊『Hanada』WEBニュース『JBプレス』でも連載中。ウェブマガジン「福島香織の中国趣聞(チャイナ・ゴシップス)」毎週月曜発行。

シリーズ一覧

ページの先頭へ