絶対零度 -未然犯罪潜入捜査- 上|書籍詳細|扶桑社

絶対零度 -未然犯罪潜入捜査- 上

著者名

浜田秀哉 代表執筆者 , 小山正太 脚本 , 白石まみ ノベライズ

判型

文庫判

定価

756円(本体700円+税)

発売日

2018/08/09

ISBN

9784594080273

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

フジテレビの大人気ドラマシリーズ
『絶対零度』の最新シーズンを完全小説化!

シーズン1『絶対零度~未解決事件特別捜査~』、シーズン2『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』に続き、7年という期間を経て帰ってきた本シリーズの最新作は、「未来の犯罪を予測して捜査する」という斬新な手法によって重大事件を未然に防ぐというメインストーリーに、前シリーズまでの主要人物の衝撃的な変化、どこか闇を背負っている登場人物たちなどさまざまな謎が複雑に絡む!

スリリングな展開に、ページをめくる手が止まらなくなる!!

著者プロフィール

NoImage
NoImage
NoImage

白石まみ
出版社勤務を経て、テレビドラマの脚本等を手掛ける。主な作品に連続ドラマ「花嫁は厄年ッ!」(TBS系)、「オー!マイ・ガール!!」(NTV系)、土曜ワイド劇場「刑事の妻“デカツマ”2」(テレビ朝日系)等。著書に、映画ノベライズ「フラガール」(メディアファクトリー/共著)、「ロッカーズ」(竹書房文庫/共著)、「8月のクリスマス」(エンジェルワークス文庫)、「HACHI約束の犬 公式小説」(講談社)等がある。最新刊に、書き下ろし小説「欲ばりたい女たち」(幻冬舎)。

シリーズ一覧

ページの先頭へ