仕事は将棋に置きかえればうまくいく

著者名

加藤剛司

判型

A5判

定価

1620円(本体1500円+税)

発売日

2018/10/25

ISBN

9784594080754

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

大ブームの将棋の思考法をビジネス書に置きかえた、新発想の自己啓発本。
ビジネスのさまざまな局面において、将棋的思考がどのように役立つのか、100のメソッドを提示して紹介。
適切な人材配置や人材活用、商機の見極め方、多様な交渉戦術、失敗から学ぶ…etc.
中間管理職やグループリーダー、経営者などに役立つ将棋的思考法。

~戦略・交渉・人材活用へのロジック100~
藤井聡太七段のずば抜けた[思考力の素]をビジネスに!
■プロジェクトに参加するなら、自分の適性を見極めてから
あなたは「金」タイプ?「銀」タイプ?
■主力2人+斬り込み役2人のカルテットでうまくいく
「攻めは飛角銀桂で」
■企画をスタートする時点で、リスクヘッジは済ませておく
「玉」を囲ったら、必ず「端歩」を突いて逃げ道を作っておく
■直接口を出さず間接的に人を動かすほうが好結果に
「角」は遠くから打つ手に好手あり
■社運を懸けたプロジェクトは社内調整をしっかりと
ガンガン攻める前にガチガチに守る「穴熊戦法」
■トラブルの火種はパッと見気づかないところにある
うっかり見落とすと命取り「角筋」にご用心
■「脳内シミュレーション」が根付けばパワポは不要
「頭の中に将棋盤」を作ってみる ……etc.

[名棋士から学ぶロジック15] 羽生善治、藤井聡太、加藤一二三、米長邦雄、升田幸三ロジック

目次

■はじめに
「将棋を指すときの思考法」でロジカルに物事を考える
~他人と違う視点を持つためのメソッド~
■駒で性格分類
まずは性格タイプ分類から。あなた、同...
続きを見る

著者プロフィール

NoImage

加藤剛司
構成作家・ライター。 1967年、名古屋市生まれ。 『テリー伊藤 のってけラジオ』(ニッポン放送)ほか、 ラジオ番組を多数手がける。中学生の頃から将棋にはまり、独学で研究。上智大学将棋部では4年間レギュラーを務め、長年低迷していたチームを 関東大学リーグ団体戦B級1組(2部) に引き上げるなど貢献。野球と歌謡曲をこよなく愛し、その方面の執筆も多数。

シリーズ一覧

ページの先頭へ