驚異の再生医療

著者名

上田実

判型

新書判

定価

972円(本体900円+税)

発売日

2018/12/27

ISBN

9784594081294

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

iPS細胞、幹細胞移植ではなく、「幹細胞の培養液」こそが再生医療の大本命だった!

■概要 元来、傷や病気で損なった臓器を再生させる(回復させる)ためには、どんな細胞にでも分化できる幹細胞を培養して移植する「幹細胞移植」がメインに使われていた。そこに、山中教授のノーベル賞受賞により、万能細胞といわれるiPS細胞が登 場し、私たちは再生医療は今にでも飛躍的に進むかのような期待を抱いた。
しかし、iPS細胞の応用は、心筋シートや網膜の病気などにごく一部治験がはじまったばかり。夢のような治療・移植にはまだほど遠い。
そんな中、皮膚再生からスタートし、名古屋大学で30年以上にわたって再生医療を研究していた上田氏は、「幹細胞を移植するのと、幹細胞の培養液を注入することの、効果は同じである」ということを発見した。この培養液を「培養上清」を呼ぶ。

協力病院での治験で、培養上清によってアルツハイマー型認知症、脳梗塞、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、花粉症など、難治の症状が著しく改善したことを確認。さらに、培養上清は液体化、粉末化が可能で、大量製造できる。幹細胞移植に比べ れば費用は100分の1で、「移植」も必要なく、点滴か塗り薬として塗布、鼻から吸入するだけでよい。
すぐにでも実用化が可能なこの技術、2019年からノルウェーのベルゲン大学と大規模な共同臨床研究を開始することが決定した。また、中国やアジアの製薬会社からも多数のオファーがよせられている。

再生医療がどこまで進んでいるのか、問題点とリスクは何か。実用化目前「培養上清」の驚きの治癒力とは。

■培養上清とは
トカゲのしっぽが再生するのも、赤ちゃんのケガがすぐ治るのも、体内に「幹細胞」が多いため。
ならば治療で幹細胞を移植すればよいではないかというロジックが「幹細胞移植」で、実際、幹細胞移植は長い治療実績があり、関節リウマチや肝機能障害などに効果が認められている。しかし、「幹細胞移植」は培養が高コストかつ培養も移植も技術が必要であり、移植での患者さんへの体の負担など、リスクも多い。
「培養上清」は、「薬」である。
適応範囲が幅広く、製剤化されれば、誰でも恩恵にあずかることができる。いざ実用化されたら「夢の治療薬」と言われるようになると確信している。

著者プロフィール

NoImage

上田実
医学博士。専門分野は再生医療・顎顔面外科。1949年大阪府生まれ。1982年名古屋大学医学部大学院卒業後、名古屋大学医学部口腔外科学教室入局。同教室講師、助教授を歴任し、1990年よりスウエーデン・イエテボリ大学とスイス・チューリッヒ大学に留学。1994年名古屋大学医学部顎顔面外科 学講座教授就任。2003年から2008年、東京大学医科学研究所客員教授併任。2004年、日本学術会議会長賞受賞。2011年よりノルウェー・ベルゲン大学客員教授。2015年名古屋大学医学部名誉教授就任。2016年日本再生医療学会ジョンソン&ジョンソン 賞受賞。日本再生医療学会顧問、日本炎症再生医学会名誉会員として再生医療の研究と臨床の指導にあたる。幹細胞に関する研究論文は600本を超え、その臨床応用では皮膚・骨の再生医療を中心に300例以上にのぼる。国立研究開発法人日本医療研究 開発機構(AMED)評価委員。

シリーズ一覧

ページの先頭へ