カナリアはさえずる 下

著者名

ドゥエイン・スウィアジンスキー 著 , 公手成幸

判型

文庫判

定価

1037円(本体960円+税)

発売日

2018/12/27

ISBN

9784594081478

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

サリーはCIとして意外な才能を発揮し、矢継ぎ早に売人を見出しては有益な情報を提供してゆく。一方、街では次々とCIたちが何者かに誘拐されていた。犯罪組織に情報を流している内通者は誰なのか。刻々と迫る魔の手からサリーは逃れることができるのか。冬の凍てつくフィラデルフィアを舞台に、麻薬と暴力のはびこる無法の街を、賢くタフな女子大学生が鮮やかに駆け抜けてゆく――! 魅力的なキャラクター、ひねりのきいたプロット、切れのある会話……これぞクライム・スリラーの新境地!

著者プロフィール

NoImage

ドゥエイン・スウィアジンスキー
2005年、クライム・スリラー『Secret Dead Men』で作家デビュー。ひねりのきいたプロットと、クールでドライヴ感のある犯罪描写に定評がある。2011年に『Expiration Date』でアンソニー賞の最優秀ペーパーバック賞、2012年に『Fun and Games』でシェイマス賞の最優秀ペーパーバック私立探偵小説賞を獲得しているほか、エドガー賞、バリー賞など多くの賞にノミネートされている。ミステリーの執筆と並行してアメリカン・コミックの制作も手がけ、『デッドプール』『ジャッジ・ドレッド』など多数の作品を世に送り出している。邦訳には『メアリー-ケイト』『解雇手当』(いずれもハヤカワ・ミステリ文庫)など。妻子とフィラデルフィアに在住。

NoImage

公手成幸
英米文学翻訳者。主な訳書に、ハンター『ダーティホワイトボーイズ』『ブラックライト』『狩りのとき』『悪徳の都』『最も危険な場所』『ハバナの男たち』『四十七人目の男』『黄昏の狙撃手』『蘇るスナイパー』『デッド・ゼロ 一撃必殺』(以上、扶桑社ミステリー)、スウィアジンスキー『解雇手当』、スティール『傭兵チーム、極寒の地へ』、ヤング『脱出山脈』(以上、ハヤカワ文庫)、デイヴィッド『時限捜査』(創元推理文庫)がある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ