緋い空の下で 下

著者名

マーク・サリヴァン 著 , 霜月桂

判型

文庫判

定価

1058円(本体980円+税)

発売日

2019/04/27

ISBN

9784594081591

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

全米騒然、150万部の大ベストセラー!
驚異の米Amazon24841レビュー、星4.8! (2019年4月現在)

歴史のはざまに忘れられたヒーローの限りない勇気と希望の物語!

悪化する戦況、迫る危機。戦火に結ばれた愛のゆくえ――。
第二次世界大戦末期のイタリアを駆け抜けた若きレジスタンスを描く、感動の実話!

アルプス山岳ルートを用いたユダヤ人の逃亡支援を続けていたピノは、軍役に就くためミラノに呼び戻される。1944年夏、ひょんなきっかけからナチスの高官ライヤース少将の運転手に指名されたピノは、そこで働きながらひそかにスパイとして反ナチス運動に協力することを決意する。運命の女性との再会、垣間見るナチスドイツの内幕、次々と訪れる親しい人々の死……。数奇な運命に翻弄されるピノを待ち受ける未来とは? 実在したレジスタンスの半生をもとに描かれた、驚愕の傑作戦時冒険小説!

著者プロフィール

NoImage

マーク・サリヴァン
1994年に作家デビュー。ジェームズ・パタースンとの共著“Private Games"シリーズで知られるほか、邦訳に『地底迷宮』(新潮文庫)、『リトル・クロウは舞いおりた』(文春文庫)、『ロビン・モナーク』シリーズ(竹書房)などがある。10年に及ぶ取材を経て書かれた著者初の歴史小説となる『緋い空の下で』の大ヒットで、ベストセラー作家の仲間入りを果たす。モンタナ州ボーズマン在住。

NoImage

霜月桂
東京都生まれ、青山学院大学文学部英米学科卒。高校教員を経て、翻訳家・翻訳学校講師に。訳書に、ウィッグス『いま、心をとかす愛』(MIRA文庫)、スティール『愛の決断』、リンデン『愛は暗闇の向こうに』、キリオン『たったひとつの願い』(以上、扶桑社ロマンス)など。

シリーズ一覧

ページの先頭へ