すべては見方次第
小林正観さんに教わったこと

著者名

高島亮

判型

四六判

定価

1620円(本体1500円+税)

発売日

2019/04/27

ISBN

9784594082079

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

ベストセラー作家である小林正観さんの逝去から約8年。
その教えは多くの人を引きつけてやみません。
「見方が変われば、人は幸福にも不幸にもなる」

小林正観さんはまさに「ものの見方」の達人でした。

本作は、小林正観さんの教えを一番近くで聞いてきて、「正観塾」師範代として活動を続けている高島亮さんによる、小林正観さんから教わったことを体験として綴った一冊です。
正観さんとの出会いから、その教えで人生がどう変わったのか、ストーリー仕立てにお伝えしていきます。
「すべては見方次第の世界」をぜひお楽しみください。


本書は、2012年に発売された『ぼくが正観さんから教わったこと』(風雲舎)を加筆修正し、リニューアルしたものになります。

著者プロフィール

NoImage

高島亮
新潟県生まれ。東京大学を卒業後、大手化学メーカー、出版社勤務を経て、株式会社ぷれsし~どを設立、代表取締役になる。小林正観さんの教えを伝える「正観塾」師範代としても活動。講演会やセミナーの主催、自らの執筆や講演活動を通じて、「毎日が楽しく豊かになる」きっかけやヒントを提供している。著者に『「おまかせ」で今を生きる』(廣済堂出版)などがある。

シリーズ一覧

ページの先頭へ