妄想国語辞典2

著者名

野澤幸司

判型

四六判

定価

1100円(本体1000円+税)

発売日

2020/08/31

ISBN

9784594085339

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

あの話題作がパワーアップして戻ってきた!

世の中にない言葉を勝手につくり出し勝手に広めていくという書籍がまさかの第二弾!
ヴィレッジバンガードのフリーペーパー『VVmagagine』で連載中の「22世紀の言葉」に書き下ろしの言葉とエッセーをたっぷり追加した珠玉の一冊となっています。

本書のイメージキャラクターは俳優・松重豊さん。
下北沢を舞台に妄想する男として登場します。

《言葉の例》
●オーケーオーケーセンキューセンキュー
【意味】英語がしゃべれないこと。

●拡散希望
【意味】内容次第なこと。

●知り合いの知り合い
【意味】ほぼ無関係なこと。

●そういうご時世だから
【意味】納得のいかない説明。

●何階ですか?
【意味】さりげない優しさ。

●北欧デザイン
【意味】絶大な信頼。

●B型っぽいね
【意味】複雑な気持ちになること。

●変な話するけど
【意味】極めて普通の内容。

著者プロフィール

NoImage

野澤幸司
茨城県牛久市生まれ。竜ケ崎第一高等学校、青山学院大学法学部卒業。ハガキ職人を経てコピーライターに。 普段はいろいろな広告のコピーやCMを考える仕事をしている。

シリーズ一覧

ページの先頭へ