幻の名車グレイゴーストを奪還せよ! 上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
ためし読み!

この本の内容

冒険小説の巨星C・カッスラー!ファーゴ夫妻シリーズ第10弾!

消えたロールス・ロイスのクラシックカー。
子爵家を狙う陰謀の背後を追え!


1906年。創設間もないロールス・ロイス社の名声を確立した名車シルヴァーゴーストには、幻の試作車「グレイゴースト」があった。この試作車が英国マンチェスターの路上からこつ然と姿を消す。調査に乗り出したのは探偵アイザック・ベルだった! 

くだって現在。ファーゴ夫妻のもとに、サムの母方の遠縁を名乗るペイトン子爵家から、保有するグレイゴーストを担保とした融資の打診が舞い込む。二人はロンドンのモーターショーに現物確認のため出向くが、そこで再び名車は姿を消してしまう……。

著者プロフィール

1914.png

クライブ・カッスラー
テレビ業界から作家に転身、1973年に架空の組織NUMA(国立海中海洋機関)に所属する特殊任務官を主人公とする『海中密輸ルートを探れ』で作家デビュー。同主人公の活躍を描くダーク・ピット・シリーズのほか、幾多のシリーズを送り出し、作品は世界的ベストセラーとなっている。印税をもとに実際にNUMAを設立し、多くの沈没船や行方不明船の発見にも尽力した。2020年死去。

NoImage
NoImage

シリーズ一覧

ページの先頭へ