おとなになってはみたけれど

著者名

飛田和緒

判型

四六判

定価

1650円(本体1500円+税)

発売日

2021/03/02

ISBN

9784594087388

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

ちょっぴりあがいてはいるけれど、年を重ねるのは楽しい

“おとな”には十分な年になった今だから思うこと、日々のことを、海辺の家に住む料理家が綴るエッセー集。

著者プロフィール

NoImage

飛田和緒
1964年、東京生まれ。高校3年間を長野で過ごす。現在は、海辺の街に夫、娘とともに暮らす。祖母の料理から引きついだ東京の味、母や友人によって知った長野の味、自身が暮らす湘南の味、その土地ごとの味と素直に向き合いながら、日々の食卓で楽しめる家庭料理、保存食をつくり続ける。近著に『おとなになってはみたけれど』『くりかえし料理 』(ともに扶桑社)。Instagram:hida_kazuo

シリーズ一覧

ページの先頭へ