幻の大東亜戦争

著者名

渡邊裕

判型

四六判

定価

1430円(本体1300円+税)

発売日

2021/04/16

ISBN

9784594087708

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

〝歴史のIF〟の面白さを実感できるドキュメント・ノベル
日米開戦が回避され、敗戦がなかったら、日本はどうなったのだろうか? 満洲は? 台湾は? 朝鮮は? 東南アジアは? 実際に戦前・戦中・戦後を生きてきた著者が描く!

医学生大城雄一郎は海軍軍医委託生となり、任官して潜水艦に配属された。大尉となり真珠湾攻撃のためハワイ沖に潜んでいたが、突然の攻撃中止命令で帰国した。大戦を避け得た日本は平和裡に栄華を極めたが……。その後満洲国は広く承認され、国連にも加入した。朝鮮の産業も一段と発展し、台湾は自治州となって独自の道を歩み始める。さて、厄介な隣国は……?

著者プロフィール

シリーズ一覧

ページの先頭へ