レヴィンソン&リンク劇場 皮肉な終幕

著者名

リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク 著 , 浅倉久志 訳 , 上條ひろみ 訳 , 川副智子 訳 , 木村二郎 訳 他

判型

文庫判

定価

935円(本体850円+税)

発売日

2021/09/02

ISBN

9784594088552

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

『刑事コロンボ』『ジェシカおばさんの事件簿』…

推理ドラマのクリエイター・コンビが贈る ミステリーの愉しさあふれる小説集。



『刑事コロンボ』『ジェシカおばさんの事件簿』等の推理ドラマで世界を魅了した名コンビが、ミステリー黄金時代に発表した短編小説の数々!

郵便配達人が知った大事件の秘密を描くデビュー作「口笛吹いて働こう」を筆頭に、コロンボの原型となった殺人劇「愛しの死体」など、田舎町からショウビズ界まで、さまざまな舞台で展開される、多彩な犯罪物語や怪談といった、謎と興趣に富んだバラエティあふれる作品を収録。

あざやかな筆致とひねりのきいた結末をお楽しみください。

〈解説・小山 正〉

著者プロフィール

NoImage

リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク
学生時代から親交を結び、2人でペンシルヴァニア大学在学中に短編「口笛吹いて働こう」でデビュー。 小説の他、演劇、TV脚本を執筆。 「刑事コロンボ」「ジェシカおばさんの事件簿」等、多数のドラマを製作し、エミー賞や3度のエドガー賞など多数の受賞歴を持つ。

NoImage
NoImage
NoImage

川副智子
翻訳家。早稲田大学文学部卒。訳書にグルーエン『サーカス象に水を』(RHブックスプラス)、カーライル『愛する道をみつけて』(二見文庫)、ニコルズ『ワン・デイ』(ハヤカワ文庫)などがある。

NoImage
NoImage
NoImage

シリーズ一覧

ページの先頭へ