龍神の教え手帳【令和4年版】

著者名

小野寺S一貴

判型

四六判

定価

1980円(本体1800円+税)

発売日

2021/09/16

ISBN

9784594088996

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

龍神ガガの予言
「我が予言しよう。令和4年、開運の鍵は『火』になるだろう」
僕たちを守る龍神のガガが、そう力強く宣言した。
「『火』? 世間では最近『風の時代』が来たと騒がれてますけど……」
「たしかに占星術の世界では『風の時代』と言われているがね。しかし、令和4年に限れば、我々龍神と神様が感じているのは風よりも火なのだよ」
なるほど、「風の時代」とは言っても、それはこれから200年も続くわけだ。その中の短い周期で様々な流れが訪れるは当然と言える。そして、より身近にいる龍神や神様は、短期的な流れも教えてくれるのだ。
「まず、令和4年はこれまで隠れていた幸せが出現する年になるがね。夜のように静かだが、悪い年にはならん。たくさんの希望が芽を出すだろう」
「それは良かった!!」
僕は安堵した。近年はコロナ禍で大変な年が続いたから、なおさらだ。
静かな中にも良いことがたくさん起きると思うだけで、なんか嬉しい。
「そして、この一年をより素晴らしいものにするために、静かながらも自らの心に火をおこすことが、実に重要なのだよ」
「ガガのいう火って、心の情熱や意欲のことかしら?」
ワカの疑問にガガが大きく頷いた。
「さよう。仕事でも趣味でもいい。恋愛でも子育てでも、やりたいことや叶えたいことを誰でも持っているはずだ。違うかね?」
そうだと思う。人は皆、生きがいや情熱を持って暮らしたいのだ。だけど、なかには「やりたいことがわからない」という人もいるかもしれない。ガガさん、どうしましょう?
「安心したまえ。今、その道がわからず迷っている者は多いのだ。しかし、一旦火を灯せば、その明かりが方向を示してくれるがね」
「お尻に火がつくとか、人気に火がつくとか言いますもんね。たしかに人生に火をつけると、すごく楽しくなりそうだな」
「そして一度火がつけばそう簡単には消えんし、その火は我々との関係をより強固にしてくれるがね。火は冷えた心を温め、誰かに分け与えることもできる。何より、どれだけ分けても決して減らぬ大きなエネルギーだ」
心に火を灯せば、そこに生まれた情熱で、自分を守ってくれる存在がより強く、優しく進化するという。もちろん願いだって叶いやすくなるのは、言うまでもない。
「まずは自分の心に火をおこせ。そして1年間、情熱的で笑いが止まらぬ素晴らしい毎日を送ろうではないか。さあ、諸君の心の火はどんなものだ? 我に教えたまえ」
ガガはそう言って、カカカと大きく笑う。

著者プロフィール

NoImage

小野寺S一貴
作家・古事記研究者、1974年8月29日、宮城県気仙沼市生まれ。仙台市在住。山形大学大学院理工学研究科修了。ソニーセミコンダクタにて14年、技術者として勤務。東日本大震災で故郷の被害を目の当たりにして、政治家の不甲斐なさを痛感。2011年の宮城県議会議員選挙に無所属で立候補するが惨敗。その後「日本のためになにができるか?」を考え、政治と経済を学ぶ。2016年春、妻ワカに付いた龍神ガガに導かれ、神社を巡り日本文化の素晴らしさを知る。著書『妻に龍が付きまして…』『龍神と巡る 命と魂の長いお話』『やっぱり龍と暮らします。』などの龍神ガガシリーズは累計25万部のベストセラーに。現在も「我の教えを世に広めるがね」というガガの言葉に従い、奮闘している。

シリーズ一覧

ページの先頭へ