文在寅政権 最後の暴走

著者名

シンシアリー

判型

新書判

定価

946円(本体860円+税)

発売日

2021/11/02

ISBN

9784594089894

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

「一線」を越えた韓国の蛮行で「嫌韓」は拡大、加速する!

自由民主主義陣営で大いに評価される日本と、「対日策」で惨敗した韓国の「外交力」の差は桁違い。
「次期大統領候補適合度(支持率)調査」結果も分析!

■「朝鮮半島情勢の悪化に漁夫の利」と日本を非難
■「日本は拉致被害者問題を提起してはならない」
■「文大統領は反日ではない」とする日本への「ラブコール」
■文政府を継承する李在明氏は、「反日」発言の常連
■「東北亜グリッド構想」は、日本を中朝陣営に引き寄せる策略
■オリンピックで「君が代」が流れただけでテレビ番組が処罰
■韓国は、福島原発事故による放射能が危険でないことを知っていた
■韓国政府が行う「放射線という恐怖マーケティング」

【目次】
序 章「正しい国」を目指した「三つの策」
第一章 お粗末な「仲介外交」で米朝激怒
第二章 惨敗した文在寅大統領の「対日策」
第三章 韓国の「恐中」土下座外交
第四章 暴走する韓国人の「自己愛」
第五章 文政権の野望と次期大統領候補
第六章「一線」を越えた韓国の蛮行

著者プロフィール

NoImage

シンシアリー
累計70万部突破著者が、 華やかなエンタメの裏にある「本当の韓国」を、最新ニュースとともに鋭利に分析! ・無気力な若者=「Nポ世代」 ・蔓延する拝金主義と社会不安 ・親が金持ちかどうかがすべてという「スプーン階級論」 ・子供なんて育てられない=脅威の出生率「0・78」 ・信念なき政権と政治不信 ・「お前もフェミニストか?」=憎み合う男女 ・家計も企業も借金まみれetc. 「怒り」が「分断」を呼び「絶望」に至る―― 急速に“老化”する韓国社会の姿は、日本の未来かそれとも? 第一章 韓国の絶望 第二章 怒りから分断へ 第三章 異次元の「合計出生率0.78」 第四章 崩壊する価値観 第五章 韓国の闇金=私金融(サグミュン) 第六章 限界企業 第七章 絶対に変わることのない「反日」 最終章 日本の希望

シリーズ一覧

ページの先頭へ