第9回神社検定 問題と解説
令和3年版 3級2級1級

著者名

神社本庁 監修

判型

四六判変型

定価

1375円(本体1250円+税)

発売日

2022/02/02

ISBN

9784594090234

ジャンル

シリーズ

関連タグ

神社検定 ためし読みアリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
ためし読み!

この本の内容

平成24年から、神社本庁監修による「神社検定」が始まりました(主催/公益財団法人日本文化興隆財団)。神社本庁とは、全国約八万の神社を包括する組織です。令和4年6月には、「第10回 神社検定」が行われます。
毎回、テーマが設けられ、令和4年の3級のテーマは「神社の基礎と古語拾遺」、2級のテーマは「神社の歴史と神話」、1級は特にテーマを設けず、指定の神社検定公式テキストから総合的に出題されます。今回もオンラインで「初級」も開催されます。
この『第9回 神社検定 問題と解説』は、令和元年に行われた3級・2級・1級試験の全問題と解説が掲載されている本です。3級試験は、「神社の基礎と日本書紀」をテーマにして公式テキスト①『神社のいろは』から70問、公式テキスト⑩『神話のおへそ『日本書紀』編』から30問が出題されました。
2級試験は、「神社の歴史と神話」をテーマにして公式テキスト③『神社のいろは 続』から60問、公式テキスト②『神話のおへそ』から30問、季刊誌『皇室』令和元年夏・83号から3問、季刊誌『皇室』令和2年冬・85号から7問が出題されました。
1級試験は、公式テキスト⑦『神社のいろは要語集 宗教編』から50問、公式テキスト⑩『神話のおへそ『日本書紀』編』から30問、公式テキスト⑪神社のいろは特別編『伊勢神宮と、遷宮の「かたち」』から10問、季刊誌『皇室』令和元年夏・83号から3問、季刊誌『皇室』令和2年冬・85号から5問、季刊誌『皇室』令和2年春・86号から2問が出題されました。受検対策にばっちり!の一冊です。
なお、初級は「神社検定」副読本『マンガならわかる!『日本書紀』』から50問が出題されましたが、この『問題と解説』では試験の傾向のみをお知らせしています。
定価1375円(税込) 四六変型判 256ページ
神社検定テキストシリーズ
公式テキスト①『神社のいろは』(3級・2級用)
公式テキスト②『神話のおへそ』(3級・2級用)
公式テキスト③『神社のいろは 続(つづき)』(2級用)
公式テキスト④『遷宮のつぼ』(3級・2級用)
公式テキスト⑤『神社のいろは要語集 宗教編』(1級用)
公式テキスト⑥『日本の祭り』(3級・2級用)
公式テキスト⑦『神社のいろは要語集 祭祀編』(1級用)
公式テキスト⑧『万葉集と神様』(3級・2級用)
公式テキスト⑨『神話のおへそ『古語拾遺』編』(3級・2級用)
公式テキスト⑩『神話のおへそ『日本書紀』編』(3級・2級用)
公式テキスト⑪神社のいろは特別編『伊勢神宮と、遷宮の「かたち」』(3級・2級用)
副読本『マンガならわかる!『日本書紀』』(初級用)
副読本『マンガ版 神社のいろは』(初級用)
季刊誌『皇室』シリーズ

著者プロフィール

シリーズ一覧

ページの先頭へ