夜想交叉路

著者名

青山繁晴

判型

四六判

定価

1760円(本体1600円+税)

発売日

2022/11/21

ISBN

9784594093181

ジャンル

シリーズ

関連タグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

この本の内容

この刹那と闇の時代に、百年を見渡す物語が、京の町角から現れた。
それは、身近な家族の物語であり、また「この先はどうなる」と引っ張られ、
若い世代もぐいぐい読める、食いつきのいい物語だ。
時は、たった今の令和の時代への渡り廊下のような一夜。
 平成の終わりだけが告げられ、次の時代が令和となることはまだ分からないという平成29年、西暦2017年の12月だ。翌々年の5月には令和の世となる一歩前である。
 場所は古都の没落した家、そこで始まった何気ない夜に、百年を見渡す物語が、思いがけず隠れていた。蔵の財産をすべて捨てるというユニークな直接行動をとる祖母が、ほんとうは日本人と日本社会の闇と格闘する日々を重ねてきた。それを29歳、みずからも苦しみのただ中に居る男子の手で明らかにする姿を、意識の流れと呼ぶべき手法も用いて劇的に、哀切に、そして平易に、語り尽くす。

深まる闇の時代を一体どうやったら生きられるのか。
胸に染み入るその答えがここにある。
百年を見渡す日本にしかない物語。

著者プロフィール

NoImage

青山繁晴
作家、参議院議員、新しい議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)代表、東大自主ゼミ講師(元非常勤講師)、近畿大経済学部客員教授。神戸市生まれ。慶大文学部中退、早大政経学部卒業。共同通信記者、三菱総研研究員を経て、独立総合研究所(独研)の代表取締役社長・兼・首席研究員。2016(平成28)年、独研を退き参院選に当選。現在2期目。著書に、ロングセラー『ぼくらの祖国』(扶桑社新書)、『不安ノ解体』(飛鳥新社)、『戦――TELL-ALL BOOK』(ワニブックス【PLUS】新書)のほか小説の『平成紀』(幻冬舎文庫)、『夜想交叉路』(扶桑社)がある。現在、青山繁晴チャンネル「ぼくらの国会」をYouTubeで配信中。

シリーズ一覧

ページの先頭へ