著者プロフィール

NoImage

石原伸司
1938年、千葉県生まれ。元広域暴力団組長。12歳で家出した後、15歳まで銀座のホステスに養われる。その後、チンピラ時代を経てヤクザの道に。傷害、恐喝、銃刀法違反、傷害致死などを繰り返し、大阪刑務所、長野刑務所、宮城刑務所、府中刑務所を経て、最後は徳島刑務所に服役。のべ20年以上に及ぶ獄中生活を送る。徳島刑務所を出所した後、ヤクザの世界を引退。現在は作家生活に専念。著書に『ヤクザは女をどうロ説くのか』『愛の極地』(幻冬舎)がある。

検索結果一覧

「石原伸司」 検索結果一覧

1件中 1 - 1件 を表示

俺が話を聞いてやる

定価

1430円(税込)

発売日

2006/07/29

   
ページの先頭へ