著者プロフィール

NoImage

黒木瞳
女優。福岡県生まれ。1981年、宝塚歌劇団に入団。87年、『化身』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。98年、『失楽園』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞。以後の作品は、『破線のマリス』『仄暗い水の底から』『修羅のごとく』など多数。今年1月に公開された主演映画『東京タワー』は100万人を動員。TVドラマ『オヤジい。』『夫婦。』『ゴールデンボウル』『GOOD LUCK!』『白い巨塔』など、シリアスからコメディまで、幅広い役柄で活躍。今年はデビュー25周年の記念すべき年として、『dancing&talking Muse more』で全国を魅了した。エッセイでも才能を発揮し、『わたくしが泣くとき』(幻冬舎)『ひとみごちて』(角川書店)『もう夫には恋はできない』(講談社)『母の言い訳』(集英社)など著書多数。詩人・黒木瞳としては、88年、第一詩集『長袖の秋』、91年、第二詩集『夜の青空』(ともに角川書店)を上梓。本書『恋のちから 愛のススメ』は14年ぶり、初の五行詩のみを収録した詩集になる。

検索結果一覧

「黒木瞳」 検索結果一覧

1件中 1 - 1件 を表示

恋のちから 愛のススメ

定価

1430円(税込)

発売日

2005/10/05

   
ページの先頭へ