著者プロフィール

NoImage

竹原信一
鹿児島県阿久根市長1959年、鹿児島県阿久根市生まれ。1977年、防衛大学校入学。1983年、航空自衛隊に入隊。1988年に2等空尉で退官後、帰郷し実父の経営する建設会社に就職。住民不在の阿久根市政の理不尽さに憤り、2003年、市行政、市議会の実態を告発するチラシ『阿久根時事報』を製作し、自ら市内全域の1万世帯へ届ける活動を始める。2004年、ブログ『住民至上主義』(http://www5.diary.ne.jp/user/521727/)の前進となるブログ『阿久根時事報』で市民に向けた情報発信を開始。2005年、阿久根市議会議員選挙に初当選。一期目途中の2008年8月、市役所職員の人件費削減を訴え、阿久根市長選挙に出馬し初当選。2009年4月、市議会、市役所と衝突を繰り返した末に二度目の市長不信任案が可決されるも、同年6月、出直し市長選で再選を果たし現職。この間、「辞めさせたい議員アンケート」、「市職員の給与明細全面公開」、「市職労事務所の退去命令発動」、「市職員人件費を記した貼り紙を剥がした職員の懲戒免職処分」など、数々の“掟破り”の手法を駆使し、市政改革に取り組んでいる

検索結果一覧

「竹原信一」 検索結果一覧

1件中 1 - 1件 を表示

独裁者“ブログ市長”の革命

定価

1650円(税込)

発売日

2010/02/17

   
ページの先頭へ