宮台真司 検索結果一覧 | 扶桑社

著者プロフィール

1803.jpg

宮台真司
社会学者・首都大学東京教授/1959年、宮城県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。東京都立大学助教授、首都大学東京准教授を経て現職。専門は社会システム論。著書に『民主主義が一度もなかった国・日本』『日本の難点』『14歳からの社会学』『制服少女たちの選択』『システムの社会理論―宮台真司初期思考集成』『宮台教授の就活原論』など、共著に『父として考える』『原発社会からの離脱』『愚民社会』『おどろきの中国』などがある。

検索結果一覧

「宮台真司」 検索結果一覧

3件中 1 - 3件 を表示

経済政策の射程と限界

定価

1512円(税込)

発売日

2013/05/30

電子版あり

増税は誰のためか

定価

1512円(税込)

発売日

2012/04/13

電子版あり

地震と原発 今からの危機

定価

1620円(税込)

発売日

2011/06/11

ページの先頭へ