著者プロフィール

NoImage

木村良一
1956(昭和31)年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。慶大新聞研究所修了。1983年、産経新聞社入社。1998年、社会部次長。2005年から編集委員。2006年から論説委員。社会部記者が長く、警視庁、運輸省(当時)、国税庁、厚生省(同)などを担当。2006年〜2008年、慶大非常勤講師。2002年に第21回ファルマシア医学記事賞、2006年に第25回ファイザー医学記事賞を受賞。著書に『移植医療を築いた二人の男──その光と影』(産経新聞社)、『SARS最前線』(扶桑社、共著)、『臓器漂流──移植医療の死角』(ポプラ社)がある。

検索結果一覧

「木村良一」 検索結果一覧

2件中 1 - 2件 を表示

パンデミック・フルー襲来

定価

814円(税込)

発売日

2009/02/28

移植医療を築いた二人の男――その光と影

定価

1466円(税込)

発売日

2002/08/30

 
ページの先頭へ