著者プロフィール

NoImage

江崎道朗
評論家。1962(昭和37)年、東京都生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフを務めたのち、安全保障、インテリジェンス、近現代史などに幅広い知見を有する。論壇誌への寄稿多数。2019年第20回正論新風賞受賞。著書に、『インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向』(青林堂)、『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』『日本占領と「敗戦革命」の危機』『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』(以上PHP新書)、『日本は誰と戦ったのか』(KKベストセラーズ、第1回アパ日本再興大賞受賞)、『日本外務省はソ連の対米工作を知っていた』(育鵬社)、『言ってはいけない!? 国家論』(渡部悦和氏との共著、扶桑社)など多数。

検索結果一覧

「江崎道朗」 検索結果一覧

2件中 1 - 2件 を表示

米中ソに翻弄されたアジア史

定価

1650円(税込)

発売日

2020/09/28

電子版あり

言ってはいけない!?国家論

定価

1760円(税込)

発売日

2019/07/19

電子版あり
 
ページの先頭へ