著者プロフィール

NoImage

川上和久
明治学院大学副学長。昭和32(1957)年東京都生まれ。東京大学文学部社会心理学科卒業。同大学大学院社会学研究家社会心理学専攻博士課程単位取得退学。東海大学文学部助教授、明治学院大学法学部助教授を経て、現在、同大学教授。同大学法学部長を経て現職。専攻は政治心理学、戦略コミュニケーション論(広報・広告・情報操作)。政府・国民対話推進会議委員、日本教育再生機構副理事長等を務める。主な著作に『情報操作のトリック―その歴史と方法』(講談社現代新書)、『メディアの進化と権力』(NTT出版・第6回大川出版賞)、『北朝鮮報道―情報操作を見抜く』(光文社新書)、『イラク戦争と情報操作』(宝島新書)、『二大政党制は何をもたらすか』(ソフトバンク新書)等がある。

検索結果一覧

「川上和久」 検索結果一覧

1件中 1 - 1件 を表示

数字で読む日本

定価

814円(税込)

発売日

2009/05/30

   
ページの先頭へ