MAMOR 2022年7月号
エンタメ作品で描かれる自衛隊変遷史概論

定価

590円(本体536円 + 税)

発売日

2022/5/20

JANコード

4910082730725

雑誌コード

08273‐07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

CONTENTS

エンタメ作品で描かれる自衛隊変遷史概論
 自衛隊発足以来、映画やマンガなどのエンタメ作品に自衛隊は多く登場しています。かつては怪獣に手も足も出なかった自衛隊は、やがて頼れる組織として実力を発揮し、自衛官が主人公となる作品も登場するようになりました。その描かれ方は、まさに国民が持つ自衛隊のイメージの反映ではないでしょうか? その変遷を、自衛隊史を学生に教える際の教材にしているという防衛大学校の相澤輝昭准教授に語っていただきました。

空飛ぶ自衛隊病院
 自衛隊には、隊員とその家族の診療を行う職域病院=自衛隊病院が全国にあり、医師資格を持つ自衛官である医官、看護師資格や保健師資格を持つ看護技官らが従事しています。2022年3月17日、新設の自衛隊病院としては17年ぶりに、入間病院が開院しました。

 この病院がすごいのは、空自ならではの医療分野である「航空医学」機能を有する病院として、日本初の診療科・航空医学診療科を設置し、航空業務従事者などの検査と治療を一元化して行えることです。さらに、2000メートル級の滑走路を有し、大型輸送機の離着陸も可能な入間基地にあるため、有事や災害時には患者の空輸拠点としての役割を果たします。さまざまな新機軸が盛り込まれ、国防の期待を担う入間病院をご紹介しましょう!

隊員食堂:「ブリカツ丼」 航空自衛隊 佐渡分屯基地
防人の女神:飯窪春菜 in Kisarazu

ページの先頭へ