Numero TOKYO No.157 June
The Art Life アートの国に迷い込んで

定価

880円(本体800円 + 税)

発売日

2022/4/27

JANコード

4910171990627

雑誌コード

17199‐06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

CONTENTS

アートの国に迷い込んで
Mode

アートの国に迷い込んで
彫刻、オブジェ、パフォーマンスの境界で活躍する、アーティスト エルヴィン・ヴルムの作品。そして、デザイナーが思い思いに意匠を凝らした、アートピースのような2022年春夏コレクション。アートとファッションを掛け合わせた、デュオフォトグラファー ソフィア&マウロの芸術性あふれるストーリーを堪能して。

Fashion

アイデンティティが開花するモードなアート小物
心が豊かになったり感受性が研ぎ澄まされたりするアート作品。そんな要素が詰まったアイテムをコーディネートにプラスしたら、新たな自分を表現できそう。染色家の石井亨のアトリエでフォトグラファー三ツ谷想が独自の目線で撮影した2022年春夏のシューズ&バッグなどを、アートのジャンル別にご紹介する。


ファッションとアートが融合する幻想的な世界
今やファッションにもユーモアが求められる時代。最新アイテムから思い思いの組み合わせで、個性引き立つファッションを楽しんでみてはいかが。フォトグラファーの熊田貴樹が幻想的なライトを自在に操り、まるで絵画のような瞬間を切り取った。自由かつクリエイティブな表現で田中杏子が思い描くアートの世界へようこそ。

Special Feature



【特集】自由に楽しむアート
美術館でアートに触れるのもいいけれど、時には新しい楽しみ方を見つけてみませんか? インスピレーションに従って見知らぬアーティストの作品を手に取ってみたり、自宅をアートが主役のインテリアに変えてみたり。坂本美雨、CFCLクリエイティブディレクター高橋悠介ら、アートを愛するクリエイターたちが所有する“推しアート”から、目利きが教えるいま買うべきとっておきアーティスト、アートと暮らす達人たちのインテリア術、アーティストでもありギャラリーオーナーでもある藤井フミヤが語るアートとの関係、さらには初心者のためのNFTアート入門まで。飾ってもいい、ガジェットの中にあってもいい。きっとアートが欲しくなること間違いなし。もっと自由に、もっと楽しく、アートの世界へ飛び込もう!

Culture

柚木麻子に聞く、おいしい表現の秘密
映画や小説のなかの食べ物が強烈に印象に残るのはなぜだろう。前半では、ベストセラー『BUTTER』のバター醤油ご飯をはじめ、数多くの著書で食べ物を魅力たっぷりに描いてきた作家の柚木麻子においしそうな食の表現はどのようにして生まれるのか、また欲望や生活に密着した“食”を描くことで見えてくることについてインタビュー。そこには自身の体験に基づく社会構造への疑問があった。鋭い目線で社会を見つめる柚木の本音トークが炸裂! 後半では、映画と酒の雑誌『映画横丁』を手がける月永理絵と、本と食べ物を愛してやまない林みきの2人のライターに物語に登場するとっておきの食べ物を教えてもらった。おいしい表現をたっぷり味わって。

ページの先頭へ