Numero TOKYO No.132 DECEMBER 2019
いいね!がつなぐ未来

定価

700円(本体636円 + 税)

発売日

2019/10/28

JANコード

4910171991297

雑誌コード

17199-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

Contents

Good to Know
今月のカバーガール
今号の表紙に登場したのは、フレッシュな注目モデルたち。今年9月にロンドンで行われたバーバリーの2020年春夏コレクションで、名だたるモデルとともにランウェイを闊歩したロシア出身のアレシャ(右)、ラトビア出身のレベッカ(中)、ウクライナ出身のオルガ(左)の3人だ。本誌では、モデルになったきっかけと将来の夢を語ってくれた。

田中杏子が提案、ムード別ロゴスタイリング
ロゴモチーフが目立った、2019年のプレフォールコレクションと秋冬コレクション。クラシカルやトラッド、ストリートにポップと、さまざまなデザインでロゴファッションが登場した。田中杏子が提案するムード別のロゴスタイリングで、この秋のコーディネートのアイデアにプラスしたい。

ソックスとシューズの素敵な関係
ソックスやタイツ、ストッキングなどのレッグウェアとシューズは、切っても切れない関係。スタイリッシュな足元は、どちらかだけがお洒落では成り立たない。お互いを際立たせる、ソックスとシューズのスタイリングをプレッピー、ユニーク、グラマラスの3カテゴリーでご紹介する。

おしゃれの達人に聞く! 褒められアイテムの着こなし
数々のファッション雑誌で活躍する敏腕スタイリスト3名をピックアップ! 友達や家族、まわりの人たちに「それ、いいね!」と実際に褒められた服をご紹介。その褒められアイテムを使って、今年らしい着こなしを教えていただきました! 上級者ならではの組み合わせは必見。秋服の参考にしてみては?

SNSと私たちの関係について
日常生活にすっかり浸透しているSNS。手軽に発信ができる一方で、スマホ中毒にもなりかねない。OKAMOTO’Sのドラマー、オカモトレイジやタレントのラブリといった自ら発信するクリエイターをはじめ、人気ヴィンテージショップやSNS研究第一人者の佐々木裕一先生など、独自のルールを駆使する達人たちにSNSとうまく付き合う方法を聞いた。

“とこまでも、まっすぐな透明感。“のん”という新しいきらめき”
まるで少女のようでいて、孤高を恐れない芯の強さを同時に感じさせる、類い稀な存在感を持つ彼女。女優だけでなく、洋服を作ったり、絵を描いたり、音楽活動をしたり…のんには様々な顔があり、そのどれもが「表現したい」というまっすぐな心から生まれてきた。26歳となったのんが、いま表現したいこととは?

美弥るりか、宝塚卒業後の本格始動を初キャッチ!
今年6月、男役の二番手スターながら、惜しまれながら宝塚歌劇団を退団した美弥るりか。本格始動のタイミングで、「ヌメロ・トウキョウ」は彼女をキャッチ。まるで貴公子のようなミステリアスな魅力を持つ、唯一無二の存在をフォトグラファーMARCOが切り取り、10ページにわたり心の内に迫ったスペシャルファッションストーリー。

ページの先頭へ