Numero TOKYO No.122 DECEMBER SPECIAL
心を動かす黒

定価

720円(本体667円 + 税)

発売日

2018/10/26

JANコード

4910172001285

雑誌コード

17200-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

Contents

世界が注目する15歳の新人 Kōki,はまだ夢の途中
彼女がモデルデビューしたのは、約半年前。“Kōki,”という名前は瞬く間に国境を越え、世界へと広まり、いまやインターナショナルなモデルとして注目を浴びる。いま何を思い、これから何をしようとしているのか?


Noir
心を動かす黒

◾︎世界が注目する15歳の新人 Kōki,はまだ夢の途中
◾︎趣里×菅田将暉 儚く美しい恋物語
◾︎燃え殻×LiLy 新連載スタート!

★特集★
心を動かす黒

「クリエイターと黒ノワールの関係」
表現者にとって黒とは何なのか? 黒に込めたそれぞれの意図と、その先のヴィジョンに触れる試み。

「ヘルムート・ラングが生み出す黒のアート」
90年代にファッションデザイナーとして一世を風靡したが、2005年現代美術家となったヘルムード・ラングに迫る。

「落合陽一が明かす、黒の正体〜人はなぜ黒に惹かれるのか〜」
光を研究し続け、ヨウジヤマモトをこよなく愛する落合陽一が、この不思議な色の魅力を解説する。

「空前のブーム到来! 新しいホラーがやってきた」
「ホラーがオスカーを受賞した」「あの監督もホラーを撮っている」。ホラー映画の新潮流を紐解く。

「世の中を照らす、ブラックユーモアな表現
クスッと笑える描写と、グサッと刺さる社会風刺。いまこそ必要な“ブラック"な視点の作品。

「あの人が黒を纏ったら…」
黒にはどんなパワーが秘められているのか。森川葵、水原佑果、阿佐ヶ谷姉妹が魅せる。

★FASHION★
「田中杏子のリアル・モード」
さまざまな表情を見せる今季のブラックをピックアップ。

「ブラックな小物がこの冬の味方」
素材や装飾にこだわった黒の小物でスタイリングをリード。

「カラーを生かして彷徨う黒」
どんな色とも相性よく、モダンに見せるブラックと色柄の着こなしレクチャー。

「素材で魅せる黒」
黒のスタイルにモードなニュアンスを。

「選ぶならどっち?黒の最旬ドレスアップ」
リトルブラックドレスとスモーキングスーツ、モードのアイコンに旬な着こなしを学んで。

「つけっぱなしの ファッションジュエリー」
今、身につけたいのは、第2の肌のように普段の自分にフィットするファッションジュエリー。

「ROLA PRESENTS SPECIAL FASHION STORY」
現在LAに拠点を移し活動するローラとプライベートでも仲の良いメンズモデルとのスペシャルファッションストーリー。

★PEOPLE★
「世界が注目する15歳の新人 Kōki,はまだ夢の途中」
彼女がモデルデビューしたのは、約半年前。“Kōki,"という名前は瞬く間に国境を越え、世界へと広まり、いまやインターナショナルなモデルとして注目を浴びる。いま何を思い、これから何をしようとしているのか?

★BEAUTY★
「香りが誘う、新しい情景」
香りに誘われるままに未知への感覚の旅へ出てみよう。

「どんなメイクも自由自在 PONYという発信力」
PONYが配信するメイク動画とSNSは、世界中の女性を惹きつけてやまない。PONY流メイクの魔法を

★GALLERY★
「篠山紀信『シルクロード』」
1980年代、篠山紀信が辿ったその壮大な旅路を、ルイ・ヴィトンが甦らせた。

「悲劇を乗り越えるアートの力」
森美術館が15年目に放つ「カタストロフと美術のちから展」。この希望を、未来へ。

★GOURMET★
「カツと卵とフルーツと。 サンドイッチ大好き」
空前のサンドイッチブーム。その世界をパンライターの池田浩明がご案内。

★連載★
「 燃え殻×LiLy 『そう、生きるしかなかった』」
人気作家二人によるコラボレーション小説連載スタート。男性と女性それぞれの視線で描く、大人のラブストーリー。

「きっかけは“コレ"でした 中村アン」

「男の利き手 東出昌大」

ページの先頭へ