さて、2月の扶桑社海外文庫の新刊は3点。
まずは、本邦初訳となるリサ・マリー・ライスのロマンティック・サスペンス『真夜中の男』のご紹介から。
愛する女を守るために疾駆する、SEAL(海軍特殊部隊)出身のヒーローの物語です。

%90%5E%96%E9%92%86%82%CC.jpg

■真夜中の男
■リサ・マリー・ライス著
■文庫判
■定価/880円(税込)
■2007年2月28日
■ISBN978-4-594-05323-9
■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


美貌のインテリア・デザイナー、スザンヌのもとに現われた警備会社社長のジョンは、危険な香りのする男だった。それもそのはず、彼は「ミッドナイト・マン」の異名をとる元海軍特殊部隊員。
出会ったその日から、二人は強く魅かれあう。しかしスザンヌの周辺には、彼女の命を狙う謎の殺し屋たちの影が……。
愛する女を守るため、すべてをなげうって立ち上がるジョン。そして、二人きりの逃避行がはじまった!

翻訳者が原書で読んでびっくりぎょうてんしたという、掘り出し物。
読み始めたらもう、ページを繰る手を止められない、手に汗握るスリルと濃厚なラブシーンの連続! なんといっても、スーパーヒーロー・ジョンの、男としての獰猛な力強さと少年のような「うぶさ」のギャップがこたえられません……。
スーザン・ブロックマンあたりのアルファメールものがお好きな貴女には、とくに超おすすめ。
めくるめく官能に彩られた、ノンストップ・ロマンティック・サスペンスの決定版です!

2007年2月28日 19:00

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ