まず、話題の映画のノベライゼーション。

 ウォシャウスキー兄弟他『スピード・レーサー』矢口誠/訳(6月18日発売予定)

 ご存じ、タツノコプロの名作アニメ『マッハGoGoGo』を、『マトリックス』3部作のウォシャウスキー兄弟が実写映画化した、この夏の話題作です。
 原作への愛にあふれたストーリーを、ひと足先にノベライゼーションでお楽しみください。

 つづいて、通常の6月30日発売は、以下の3点です。

●扶桑社ミステリー

 スティーヴン・ハンター『四十七人目の男』(上・下)公手成幸/訳
(今年の目玉、ハンター最新作登場! あのボブ・リー・スワガーが、日本で大活躍)

 ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモ『ボルヘスと不死のオランウータン』栗原百代/訳
(ボルヘスが密室殺人&ダイイング・メッセージに挑む!? 南米発の文芸ミステリー)

●扶桑社ロマンス

 カレン・ホーキンス『海から来た伯爵』戸田早紀/訳
(人気作家、日本初紹介のヒストリカル・ロマンス。続編も出版の予定です)

2008年6月 2日 18:21

コメント(0)

Comment

コメントする

ページの先頭へ