9月30日発売の扶桑社海外文庫は、以下の3点です。

●扶桑社ミステリー

 トマス・ウィーラー『神秘結社アルカーヌム』大瀧啓裕/訳
(ドイル、ラヴクラフトたちが戦う、オカルト冒険小説)

●扶桑社ロマンス

 ノーラ・ロバーツ『ガーデン・トリロジー① 禁断のブルー・ダリア』安藤由紀子/訳
(ロマンスの女王ノーラ・ロバーツの新3部作開幕)

 ソフィ・ジョーダン『罪なき嘘の罪』村田悦子/訳
(歴史ロマンス期待の新星のデビュー作)

2008年8月28日 15:57

コメント(4)

Comment

  • 残念ながら貴社海外文庫担当さまは、面白い小説に目を付ける事は出来ても、継続する事が出来ないようですね。継続して出版出来る出版元へ教えてあげれば良いのに....。



    |名無し|2008年8月29日 10:55

  • 名無しさま

    えーと、なにに対して、どういうことを言われているのでしょう。
    「面白い小説に目を付ける事は出来」るとのお褒めの言葉をいただけただけで、すごくうれしいんですけど。



    |編集部・T|2008年8月29日 11:55

  • 9月にノーラ・ロバーツの新刊が出るのですね!?
    凄く嬉しいです&楽しみです~(^^*
    ここ数か月ノーラ・ロバーツ物ばかり買い漁って読み漁っておりますが、そろそろ尽きかけているところだったので、新作はWelcome!です♪



    |エヴァ|2008年9月26日 14:37

  • 最初の名無しさんとは異なる者ですが、おそらく、
    「シリーズ化しているロマンス小説は、続けてスピンも翻訳して出してほしい」
    ということなのではないかと思います。

    何も扶桑社さんだけに言えたことではないのですけど。他の出版社さんでも、シリーズ化されたロマンスを続けて間を置かずに翻訳出版しないでいるところはたくさんあります。
    これができているのは、1社だけです。



    |匿名|2008年9月28日 11:34

  • コメントする

    ページの先頭へ