新刊案内

2011年01月26日
【新刊案内】

扶桑社ミステリー新刊のお知らせ


最近、物議をかもしているBBCのクイズ番組の映像を見ていたら、解答者がジョナサン・クリークだったことに衝撃を受けた編集Yです。こんばんは。

12月発売のハンターに続きまして、
2月2日(水)に、次なる新刊を発売いたします。その著者とは……

スティーヴ・マルティニ!

リーガル・サスペンスの新星として80年代末に登場して以来、アメリカではいまもベストセラー作家として絶大な人気を誇っているマルティニ。ところが、日本では、講談社さんの『弁護人』(1999年、邦訳2002年)以降、紹介が途絶えていたのですね……。

今回、メイン担当ではなかったのですが、
ゲラを読ませていただいて……いやあ、面白い。面白いですよ!
こんなふつうに面白い小説が、紹介されてないなんて、もったいない。
この掛け合い、言い回しのセンスは、
翻訳ミステリーでしか味わえない、至高の悦楽ですよ。
まさに、リーガル・サスペンスの正統。王道。

というわけで、

スティーヴ・マルティニ
『策謀の法廷』(上・下)
白石 朗 訳

定価各890円(税込)

乞うご期待! (編集Y)

2011年01月20日
【新刊案内】

というわけで『蘇えるスナイパー』もよろしく!


前項で、ハンターのクリティーク&シネフィル出身作家としての立ち位置をあきらかにし、『四十七人目の男』のタランティーノ的な側面と、『黄昏の狙撃手』のイーストウッド的な側面について考えてみました。
『蘇えるスナイパー』は、まさにそういった流れの中で必然的に登場した作品だといえます。

一見すると、ハンターは単純にボブ・リーを『極大射程』のころのスナイパー・アクションの世界に連れ戻しただけのようにも見えます。二作分じゅうぶん遊んだんだから、またライフルでも撃てよ、みんなそれを期待してるんだから、と。しかし、はたしてそれだけなのでしょうか。
個人的な意見をいえば、本作はスナイパー・アクションの皮をかぶったウエスタン――それも、フォードの正調ウエスタンではなく『ヴェラクルス』のテイスト、さらにいえば、イーストウッドに代表される70年代的なマカロニ・テイストを強く意識した作品です。
タランティーノでいえば、『キル・ビルVol.2』の世界観。現代ものの枠組みのなかで、ウエスタンの精神と破天荒な面白さを再現する試みです。
前二作における「チャンバラ」と「カーアクション」を経て、ある意味アメリカ人作家にとって最大の霊感源ともいえる「ウエスタン」へと、ハンターのジャンル制圧の旅はたどり着いたというわけです。

続きを読む "というわけで『蘇えるスナイパー』もよろしく!" »

2010年11月24日
【新刊案内】

スティーヴン・ハンター『蘇えるスナイパー』発売!


全国のボブ・リー・スワガー・ファンの皆様、大変お待たせいたしました。
スティーヴン・ハンターの新作『蘇えるスナイパー』(上・下)が
いよいよ12月2日(木)に発売になります!

hunter.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


原題は『I,Sniper』。
伝説のスナイパーとしてのボブ・リーの矜持と、
作中に登場する最新鋭スコープ、iSniper の掛け詞となっています。

冒頭、四件の狙撃事件が発生。
被害者は、映画女優(某有名女優そのまんまのキャラです)、大学教授夫妻、コメディアン。
四人は、それぞれ凄腕のスナイパーによって急所を射抜かれて即死します。
捜査線上には、ヴェトナム戦争の伝説的スナイパー、カールが浮上しますが、
彼もまた自殺とおぼしき状況で発見。一見落着かと思われるなか、この経緯に何か納得できないものを感じたのが、あのFBI特別捜査官ニック・メンフィスでした。
そして、引退生活を送る老英雄ボブ・リー・スワガーの携帯に、捜査協力要請の一報が……。

あとがきで、解説の野崎六助さん(『日本探偵小説論』は大労作でした!さすが!)が、
「長年のハンター愛読者として、折り紙をつけよう。これはベスト・オブ・ベストだ。シリーズの集大成というだけでなく、最高に突出している」と書いてくださっています。

おおお。すげえ。

マジか? と思われる方は、ぜひご一読あれ。
絶対損はさせません。
きっと、眉につけた唾は興奮の熱気で瞬間蒸発することでしょう。

なにせ、これこそは、まさに、読者がハンターに期待するところの、
「スナイパーVSスナイパー」小説なのですから!

少なくとも、ここにいるボブは、日本でチャンバラやってた、ちょっとオッドでファンクなボブではない。
正真正銘のプロフェッショナル。稀代の天才スナイパーがついに帰って来たのです。

追って、編集者の寸感やら、旧作のご紹介など、
ぼちぼちアップしてゆくつもりです(編集Y)。

2010年11月15日
【新刊案内】

『虚偽証人』(上・下)


更新が遅くなってしまいすみません。
すでに店頭に並んでおります、リザ・スコットライン『虚偽証人』(上・下)のご紹介です。
ネルソン・デミル、ハーラン・コーベン、ジャネット・イヴァノヴィッチ……ミステリーのプロたちが認める、リーガル・サスペンスのベストセラー作家の作品が、扶桑社初登場です。


%8B%95%8BU%8F%D8%90l_%83J%83o%81%5Bburiogu.JPG


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1

あらすじはこんな感じです。

念願の司法省にポストを得て、連邦検事補として働きはじめたヴィッキ。ある些細な事件で情報提供者のもとを訪れた彼女は、この家を襲撃した少年たちと鉢合わせに。同行した捜査官が撃ち殺され、妊娠中だった情報提供者も胎児ともども殺されてしまった!
単独捜査に乗りだしたヴィッキは、さらなる苦境を招いてしまう。追いつめられたヴィッキが頼れる相手は、発端となった事件の容疑者である黒人女性リヒーマだ。反発しあいながらも、それぞれの思いを胸に調査を進める女性コンビ襲いかかる、白昼の凶行! 驚愕の真相を掘りあてたとき、最大の危機が2人を襲う――
全米ベストセラー作家、会心のリーガル・スリラー。


スコットラインの邦訳は、なんと6年半ぶり!舞台は、おなじみフィラデルフィア。そして今回のヒロインは、新米の連邦検事補です。
冒頭、いきなり主人公が目の前に銃口を突きつけられるというツカミから、好調なストーリーテリングに乗って、先の見えないミステリーが展開していきます。
イタリア系のヒロインと、美しいアフリカ系女性の凸凹探偵ぶりも楽しく、ベストセラー作家の手腕を堪能できる作品です。こういうエンターテインメントがもっと読まれれば、ミステリーの裾野も広がるはず。
ぜひご一読ください!

2010年10月22日
【新刊案内】

扶桑社ミステリー新刊のお知らせ


来月の扶桑社海外文庫では、ケッチャム以来久々のミステリーをお届けする予定です。
その作家とは……リザ・スコットライン

リザ・スコットライン 高山祥子/訳
『虚偽証人』(上・下)
(原題 Devil's Corner) 定価各840円(税込)

ハヤカワ、講談社さんの既刊でもおなじみの大ベストセラー作家が贈るノンシリーズ・タイトル。
日本での紹介は『代理弁護』以来6年ぶりとなります。そのあいだに、アメリカではもう押しも押されぬ大作家への道を邁進中。良質のリーガル・サスペンスの醍醐味をぜひご堪能ください。

発売日は11月2日(火曜日)です。

そして、12月2日には、いよいよスティーヴン・ハンターの最新作『I,Sniper』が登場します。
今回は、マジで期待してください。
解説をお願いした野崎六助さんから、

「長年のハンター愛読者として、折り紙をつけよう。
 これは、ベスト・オブ・ベストだ。
 シリーズの集大成というだけでなく、最高に突出している」

との胸ふるえるお言葉をいただきました!

詳細は、また追って!!

翻訳ミステリー氷河期のただなかで、じっと息をひそめて春を待つ今日この頃。
微力ながら、雪解けを呼ぶ灯をそっとともし続けていきたいと考えております。
とにかく、クイーンもキングも読んだことすらない若者が増えるいま、
自分たちに何ができるかを真剣に考えていかないと……。
ご支援、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします!(編集Y)


2010年08月02日
【新刊案内】

森の惨劇


昨年刊行の中篇集『閉店時間』以来の発刊となる、ジャック・ケッチャム『森の惨劇』のご紹介です。

%90X%82%CC%8ES%8C%80%81%40%83J%83o%81%5B.jpg


■オンライン書店で購入する
amazon7&Y楽天ブックサービスbk1


ベトナム戦争からの帰還兵リーは、心に深い傷を負って現実生活に適応できなくなり、人里離れた山中で愛犬とともに暮らしています。マリファナを栽培しながらの夢と現が交錯する生活。しかし、そこに人気作家ケルシーを中心とした仲間6人がキャンプにやってきて……。

山に気楽な気分で入ると、大変なことが起きる……。
なんとなく現実の事件にも当てはまる気がしてぞっとしますが、今回のお題は、
ケッチャム版「ランボー×13金」!
傑作『オフシーズン』と『隣の家の少女』のあいだに書かれた、“もっともケッチャムが危険な作家だった”最初期の問題作です。

続きを読む "森の惨劇" »

2010年07月24日
【新刊案内】

扶桑社ミステリー新刊のお知らせ


なんだか、ものすごく久し振りになってしまいまして恐縮です・・・。

扶桑社ミステリー久々の新刊は、
『隣の家の少女』が30刷11万部を突破し、なおも売れ続けている
ジャック・ケッチャム『森の惨劇』(原題 Cover)。

傑作『オフシーズン』と『隣の家の少女』のあいだ、
最も脂が乗っていた時期に書かれた傑作が、遂にそのヴェールを脱ぐ。

オビ推薦は平山夢明先生!

8月2日(月)の発売です。

まさに本領発揮の一作。

……乞うご期待!



... 4 5 6 7 8 ...