『世界標準の戦争と平和―初心者のための国際安全保障』刊行記念 烏賀陽弘道さんトーク&サイン会

BOOK & MOOK

『世界標準の戦争と平和―初心者のための国際安全保障』(扶桑社)刊行記念
烏賀陽弘道さん トーク&サイン会

●日時:2019年10月25日(金) 19:00~20:30(開場 18:00 )
●場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
●書誌情報
書名:世界標準の戦争と平和 ―初心者のための国際安全保障
ISBN:978-4-594-08233-8
本体価格:1600円
発売日:10月11日(取次搬入:10月9日)

●著者略歴
烏賀陽弘道(うがや・ひろみち)1963年、京都市生まれ。京都大学経済学部卒。1986年、朝日新聞社に入社し名古屋本社社会部などを経て1991年からニュース週刊誌『アエラ』編集部員。1992年に米国コロンビア大学国際公共政策大学院に自費留学し、軍事・安全保障論で修士号を取得。1998〜1999年にアエラ記者としてニューヨークに駐在。2003年に退社してフリーランスの報道記者・写真家として活動している。これまでに19冊の著作がある。主な著書に『フェイクニュースの見分け方』『報道の脳死』(新潮新書)『原発難民』(PHP新書)『敷金・職質・保証人』(ワニブックスPLUS新書)『「Jポップ」は死んだ』(扶桑社新書)などがある。

●イベント内容
日本は安全保障に関してもガラパゴスだった!?
「『安全保障=軍事』という短絡的な発想」「感情に任せて特定の国を敵視する反知性的姿勢」……世界標準の視点からは考えられないことばかり。米コロンビア大学で安全保障論を体系的且つ実践的に修めた気鋭のジャーナリストが「基本の『き』」から導き、尖閣問題を実例に実践的な考え方を説いていく、画期的な入門書『世界標準の戦争と平和 ―初心者のための国際安全保障』。
本書の発刊を記念し、トーク&サイン会を開催致します。当日会場でしか聞けない〝目から鱗〟な話を是非お楽しみください。

●参加要項
▼参加定員:80名(お申し込み先着順)
※満席になりましたら、キャンセル待ち受付をいたします。

▼申込方法:八重洲ブックセンター本店ホームページのイベントページにて、お申し込みを承ります。

「予約受付カレンダー」で当イベントを選択していただき、お申し込みフォームにご記入のうえご送信ください。

予約完了メールをご返信いたします。

※「ybc-ev@yaesu-book.co.jp」からの予約完了メールを受け取れる状態にしておいてください。

※ご参加には対象書籍のご購入が必要です。八重洲ブックセンター本店1階インフォメーションカウンターにご用意しますので、お申し付けください。
※開演1時間前からは、8階会場入口で対象書籍のご購入ならびに入場受付をいたします。開演直前は混雑しますので、お早めにご来場ください。

▼参加対象書籍『世界標準の戦争と平和―初心者のための国際安全保障』(扶桑社刊、本体1,600円、10月11日発売)

※書籍の発売前でもご予約できます。
※このイベントは、八重洲ブックカードゴールド会員の方は購入なしで聴講いただけます。

ページの先頭へ