ロマンスを愛する淑女のための小説レビューサイト『勝手にロマンス』(http://romance-hills.com/home)さま主催の「第8回 勝手にロマンス ヒストリカル部門』の1位に『忘れえぬキスを重ねて』(ジュリー・アン・ロング/高里ひろ◎訳)が選ばれました!

51sTYwwLOrL._SX341_BO1,204,203,200_.jpg
■オンライン書店で購入する

こちらがあらすじになります↓

伯爵の夫に先立たれたデライラのもとに残ったのは、夫が残した借金と荒れ果てた屋敷だけ。もう男には頼らないと誓ったデライラは屋敷を改修し、同じ決意を持つ女性アンジェリークと共同経営で、<グランド・パレス・オン・ザ・テムズ>という下宿屋を始めた。
一方、<グランド・パレス・ オン・ザ・テムズ>へ密輸犯を追ってきた王室海軍艦長のトリスタンは美しくも気丈なデライラと出会う。
真実の愛など信じていないふたりだが、惹かれ合う気持ちを抑えられず衝動的にキスを交わして......。 

扶桑社ロマンスでは初めての作家さんなので、読者のみなさまの反応が気になっておりましたが、このようなすばらしい賞をいただきまして、大変うれしいです。

ほかにも、「コンテンポラリ部門」の2位に『銀盤より愛をこめて』(マリアナ・ザパタ/高里ひろ◎訳)、「ヒストリカル部門」の3位に『不埒な夫に焦がれて』(ミーア・ヴィンシー/高里ひろ◎訳)を選んでいただきました!

81UpdjnQeoL._AC_UL640_QL65_.jpg

81cgcMX8CdL._AC_UL640_QL65_.jpg

3作品とも、扶桑社ロマンス初登場の作家さんの作品です。今後、扶桑社ロマンスでは、これまでの作家さんの作品に加えて、新しい作家さんの作品も刊行していければと考えております。

みなさんはどんな作家さんの作品を読みたいでしょうか?
作家さん、ジャンル、扶桑社ロマンスだったらこの作品が好き、などのご意見がもしありましたら教えていただけますとうれしいです。
これから刊行する作品選定の参考にさせていただきます(編集A)。







2021年5月22日 01:41

コメント(2)

Comment

  • 『勝手にロマンス』入賞おめでとうございます!!
    精力的に新しい作家さんを紹介していただきありがとうございます。
    どれも高里ひろさんの訳で読みやすく、とても面白かったです!

    ヒストリカルでも、仕事に燃えて恋が後回しになりがちだったヒーローと、
    自分の考えを持って行動するヒロインの姿が描かれている作品が好きです。
    『忘れえぬキスを重ねて』『不埒な夫に焦がれて』はどちらもドンピシャで
    好きなシーンもたくさんあり、大好きな作品になりました。
    ぜひぜひアンジェリークのお話も翻訳で読ませてくださいませ!

    『銀盤より愛をこめて』はガチのアスリートロマンスで新鮮でした!
    アメフトやラグビーなどアスリートのロマンスももっと読みたいです!

    ミア・シェリダン先生の星座シリーズも続いて読みたいです!!!

    そして!!ナリーニ・シン先生の【サイ=チェンジリングシリーズ】
    続きをぜひぜひ扶桑社ロマンスさまから出してほしいです。
    既刊すべて電子書籍化してくださっているので紹介しやすいし
    表紙のデザインも作品の内容をすごく掴んでらしてグッとくるし
    ヒーローもヒロインも全て魅力的なので、みんな~!読んで~
    でも続き出てないけど~ってなるのが辛すぎます。
    ブランクあっても全然大丈夫ですイチから楽しみます。
    【サイ=チェンジリングシリーズ】なにとぞ!!!

    これからも素敵な作品にたくさん出会えますように。
    よろしくお願いいたします。



    |はるたま|2021年5月23日 06:12

  • やっぱり、サイ=チェンジリングシリーズが一番好きかなぁ…。
    また翻訳して欲しいです…。
    後は、やっぱりミア・シェリダン先生の作品が好きです!
    扶桑社様は、好きな作品多いので、是非これからも頑張って欲しいです!
    応援してます!

    サイ=チェンジリングシリーズ復活何卒ボソッ



    |むぎ|2021年5月30日 22:12

  • コメントする

    ページの先頭へ