2009年06月12日
編集部日記

今日もタイトル呻吟中!

ロマンスのタイトル決めには、編集者もいつも頭を悩ませています。
編集者それぞれつけ方に好みもあったりするのですが、私は個人的に、なるべく原題の雰囲気を尊重すること、原題をそのまま日本語に移行しづらい場合は、内容に即したタイトルにすることを意識するようにしています。
だいたい、10以上のタイトル案をいろいろな方向性で出し、訳者さんや、懇意のロマンス業界の方、上司や販売部とも相談のうえ、決定しております。オビやカバーの後ろ側の内容紹介も、ああでもない、こうでもないと、自分の無能さにうんざりしながら、何度も推敲を重ねて作っています。読者の皆さまにおかれましては、「なに、このダサい邦題」と思われることもあるかと存じますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。なにぶん私はセンスが地味なので、『あなたの牙に首ったけ』みたいなスゴいのはつけられませんけど……。

今月新刊のリサ・マリー・ライスにしても、決定までにはいろいろ苦しみました。
とにかく、ロマンス小説には長い歴史と蓄積があります。平たく言えば、ちょっと考えて出てくるようなタイトルには、たいがい先例があるわけですね(笑)。
まず、ぱっと思いついたのは『美しき標的』。さっそくネットで検索をかけてみます。ヒット。ハーレクインさんのアン・ヘリスに前例がありました。ううっ。ヒストリカルなのにロマサスっぽいタイトルを先に使っちゃうなんでひどいじゃん(なんてもちろん思ってませんよ!)。先方が出された時期がかなり最近なこともあり、やむなく諦めます。
じゃあ『美しきターゲット』では? 検索。またヒット。ハーレクインさんのフィオナ・ブランド作品。くそ、じゃあ『美しき逃亡者』ではどうだ? ……ハーレクインさんのジャニス・カイザーと昔懐かしきサンリオのバーバラ・カートランドに先例あり。
そういや「追いつめられて」って映画があったけど、ロマンス小説だとどうかしら。調べてみると、ハーレクインのシャーロット・ラム&二見のジル・マリー・ランディスに前例が……。

とまあ、こんな調子で、タイトルのかぶらないものを10案くらい出して訳者さんと相談。第一陣は私のほうでも納得がゆかず、全ボツ。さらに10案を出し、結局、私のわがままで今の形に落ち着きました。
正直、インパクトは弱いかもしれませんが、原題の『PURSUIT』(追跡・追求)の、シャーロットを追いかける敵側の様子とともに、自由と安全を求めて逃げ続けるシャーロット、新たな人生を模索するマット双方の様子も含めた意味合いを、ぜひ生かしたいと思いました。あと、前作の『闇を駆けぬけて』と呼応して、夜明けに射す希望の光をつかみ取ろうとする前向きなイメージを出したかったんですね。
いろいろとご意見はあろうかと思いますし、うまくいかないこともありますが、読者の皆様に覚えていただくとても大切な邦題をまかされるのは大変名誉なこと。全力でこれからも取り組んでいきたいと考えております。(編集J)

投稿者romance: 17:44 | コメント(3) | トラックバック(0)



2009年01月15日
編集部日記

今後のノーラ・ロバーツ刊行案内

 読者のみなさまからのお問い合わせで多いのが、ノーラ・ロバーツさんの新刊についてです。
 そこで、今後の予定をご紹介しておきますね。

 まず、1月末に、〈ガーデン・トリロジー〉の完結編『輝きのレッド・リリー』が発売されます。
 お楽しみに!

 2009年には、ロマンティック・サスペンスの長編を中心にご紹介します。

 まず、春には“Angels Fall”を出版します(すみません、以下もすべて邦題は未定です)。
 シェフを勤めていたレストランで銃撃戦が起き、心に傷を負ったヒロイン。自然豊かな町で再起をはかる彼女が、ある事件を目撃してしまうのですが……
 すばらしい読後感をお約束します!

 そのあと、夏に“High Noon”、秋に“Tribute”を出版していく予定です。
 前者は、人質交渉人の女性刑事とバーの経営者が主人公。
 後者は、伝説的な女優だった祖母が遺した屋敷を修復するヒロインが出会う謎を描います。
 もちろん、どちらもサスペンスとミステリーとロマンスを堪能させてくれる作品です。

 次の3部作〈The Sign of Seven〉トリロジーは、今年の末か来年あたりから刊行できればと思っています。
 こちらは、呪いをかけられた町を舞台にした、ちょっと怖いミステリー風のロマンスです。

 今後もノーラ・ロバーツさんの新刊に、どうぞご期待ください!(編集部・K)

投稿者romance: 11:55 | コメント(7)



2009年01月08日
編集部日記

あけましておめでとうございます

 遅くなりましたけど、新年のご挨拶を申し上げます。

 思い起こせば、昨年の扶桑社ロマンスは、1月にフェアを行ない、怪気炎(?)を上げてはじまったのでした。

 ノーラ・ロバーツ、〈光の輪〉トリロジー『炎の壁の彼方から』、そして〈ガーデン〉トリロジー(今月1月末で完結です)を出版しました。
 2009年のノーラ・ロバーツは、ロマンティック・サスペンスが中心になると思います。
 お楽しみに!

 そのロマンティック・サスペンスといえば、リサ・マリー・ライス
 残念ながらというべきか、喜ばしいというべきか、他社さんからも出版されてしまいますけれど、もちろん扶桑社ロマンスでも新作をお届けしていきます。
 そのほかロマサスでは、大御所カレン・ローズの作品もご用意していますのでお楽しみに。

 ヒストリカル・ロマンスでは、コニー・メイスンがメインでしたが、昨年から、第一線で活躍している作家の紹介を本格的にはじめました。
 そのなかでも、大変好評をいただいたカレン・ホーキンスは新シリーズが始まります。ソフィー・ジョーダンのスピンオフも近々お届けできると思います。
 また、今年はバーバラ・ピアスキンバリー・ローガンルーシー・モンローサブリナ・ジェフリーズといった実力者が登場してきます。
 もちろん、コニー・メイスンも出ますよ(いちばん近いのは、3月末の予定)。

 さらに今年は、パラノーマル・ロマンスにも挑戦するつもりです。
 ようやく日本でも見られるようになったパラノーマルですが、ご存じのように、いまアメリカでは、ヒストリカルとならんで、このジャンルが主流となっています。
 そんななかでも、独自の世界観で評価の高い、ナリーニ・シンの〈サイ=チェンジリング〉シリーズをご紹介します。その他、シドニー・クロフトの〈ARCO〉シリーズも控えておりますので、ご期待ください。

 昨年の秋ごろから、扶桑社ロマンスは、なんとか毎月2点ずつ刊行しようと努力しています。
 うまくいかないこともありますが、今年の春ぐらいからは、月2点ペースを確立できると思います。
 もちろん、数を増やすだけでなく、質の向上もはかっているつもりです。

 今年も扶桑社ロマンス&このブログを、よろしくお願いします!(編集部・K)

投稿者romance: 13:04 | コメント(2)



2008年03月05日
編集部日記

今後の扶桑社ロマンスのラインナップ

いつも扶桑社ロマンスをご愛読いただき、まことにありがとうございます。
年初の時点で2月刊を予定しておりましたリサ・マリー・ライスの新刊に関しましては、
5月刊に変更いたしました。書店向けの仮情報を見て心待ちにしてくださっていた皆様、大変申し訳ございませんでした。
今後のロマンス出版情報についてのお問い合わせも多数いただいておりますので、お詫びかたがた、現時点での予定をお伝えしておきます。

3月末刊
『女狩人と竜の戦士』ノーラ・ロバーツ/著 柿沼瑛子/訳
ロマンスの女王がパラノーマルに挑む、《光の輪》トリロジーの第二弾。
4月末刊
『BETRAYAL』Karen Fenech/著  曽根原美保/訳
中世12世紀を舞台にしたヒストリカル。期待の新人作家の日本初紹介作。
5月末刊
『Valley of Silence』ノーラ・ロバーツ/著 柿沼瑛子/訳
《光の輪》トリロジー第三弾。
『Woman on the Run』リサ・マリー・ライス/著 上中 京/訳
《真夜中》シリーズの著者の単発ロマンティック・サスペンス。

以上は(ほぼ)確定でございます。

6月以降には、Karen HawkinsJennifer St. GilesSophie Jordanなど、日本初紹介作家が贈るヒストリカルのシリーズ作ほか、ノーラ・ロバーツ、コニー・メイスン、リサ・マリー・ライスといったお馴染みの作家による期待の新作が予定されています。
なるべく、毎月1〜2作お届けしていきたいと思いますので、
お見限りなきよう、今後ともご愛読のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

さらに、ひとつ隠し玉がございまして……。
超大作の本邦初紹介作なんですが、また詳細が決まりましたらご報告いたします。
訳者さんが、ゲラチェックで泣けて泣けて作業が進められないとおっしゃっていました……。なんとか、今年中にお届けできればうれしいなあ。
ぜひご期待ください!

投稿者romance: 21:30 | コメント(2) | トラックバック(0)



2008年01月28日
編集部日記

扶桑社ロマンス・フェア!

 1月30日刊行の扶桑社海外文庫の新刊は、人気作家のロマンス作品3作がそろい踏み。

  ノーラ・ロバーツ『魔女と魔術師 光の輪トリロジー@(パラノーマル・ロマンス)
  コニー・メイスン『愛と復讐の黒騎士』(ヒストリカル・ロマンス)
  アイリーン・グージ『ふりかえれば、愛』(コンテンポラリー・ロマンス)

 それにあわせ、全国主要書店で、扶桑社ロマンス・フェアが展開されます。
 エントリー作品は、以下の人気作品です。

  ノーラ・ロバーツ『珊瑚礁の伝説』(上・下)、『魔法のペンダント リトル・マジック@
  バーバラ・デリンスキー『三つの願い』
『過ぎし日の絆』(上・下)
  コニー・メイスン『誘惑のシーク』『獅子の花嫁』
  リサ・マリー・ライス『真夜中の男』『真夜中の誘惑』

 今回のフェアでは、読者のみなさまへ、イタリアン食材セットのプレゼントを企画しました。
 文庫のオビについている応募券を、はさみこみのハガキに貼って、ご応募ください。
 抽選で100名様に、東京・広尾「リストランテ・アガペ」共同開発によるイタリアン食材セットをプレゼントいたします。
 くわしくは、文庫のオビをご覧ください。

投稿者romance: 13:09 | コメント(0) | トラックバック(0)



1 2