待望の映画化ついに決定!!

オダギリジョー、樹木希林、小林薫 豪華キャスト決定!

長らく待たれていた「東京タワー」の映画化が松竹よりついに発表なりました。主役の「ボク」には今最も旬な若手俳優オダギリジョー、「オカン」役に樹木希林、「オトン」役に小林薫。監督は『アカシアの道』『さよなら、クロ』の松岡錠司、脚本にはリリーさんが同時代の表現者として強い共感を寄せている松尾スズキといった豪華な布陣となりました。
松岡監督は、吉祥寺で行なわれた「東京タワー」のサイン会にリリーさんに会いに行くなど原作に対して早い段階から興味をもっていました。そんな監督のオダギリジョーさんの起用コメントは「作品を大切にし、1作ごとに「深化」していく彼にぜひこの主人公を演じてもたらいたかった。彼のガラス細工のように壊れやすいナイーブさは、主人公と通じるものがあると思います」。また、演出にあたっては「映画の中の様々な人々との関わり合いのなかで紡がれる、人を想う気持ちや、出会いや別離、そして母への愛などを丁寧に描く“大きな愛の映画”にしたい」との抱負を語りました。
8月初旬クランクイン、2ヶ月間の撮影が行なわれ、配給は松竹、公開は2007年4月GWの予定です。 今後、映画の情報を細かくお伝えしていこうと思います。ご期待ください!

     
ホーム ニュース 掲示板 感想文大募集!