200万部を超える大ベストセラー、
ついに映画化。


「ボクの一番大切な人。ボクのために自分の人生を生きてくれた人──ボクのオカン。」

才人リリー・フランキーが亡き母への思いを中心に全身全霊で綴り、「号泣した」 熱烈な読者の輪を拡げ、スペシャルドラマ、連続ドラマ化されるなど社会現象的ブームを 巻き起こした自伝小説「東京タワー オカンボクと、時々、オトン」が来春映画化され、 劇場公開となります。

主人公"ボク"を演じるのは現代日本映画界を代表する時代のヒーロー、オダギリジョー。 "オカン"役には樹木希林。優しく温かく、そしてたくましい日本の母を、愛情と品格を 持って演じます。そのオカンの若い頃に、樹木希林の実の娘で本格的演技は初挑戦の 内田也哉子、オカンとボクにつかず離れず飄々と生きる"オトン"に実力派の名優・小林薫、 ボクとオカンをそっと見守るボクの彼女"ミズエ"には若き本格派女優・松たか子と、 奇跡的なキャスティングが実現しました。

監督は「バタアシ金魚」「さよなら、クロ」の松岡錠司。原作に惚れ込んだ監督は、 単に"泣ける"映画としてではなく、深い人間愛の物語として描きます。脚本は原作者と 同世代で同郷出身の松尾スズキが入魂の力作を提供しました。

多くの熱い思いが集まって、8月に宮城県で撮影が始まり、10月中旬にクランクアップ。 仕上げ段階を経て、来年2月頃に完成披露試写を行う予定です。

スチール写真、プレス資料もイメージネットにアップいたしました。
劇場公開は、2007年4月14日(土)に決定いたしました。また、12月9日(土)より 劇場にて、リリー・フランキーが映画のために描き下ろしたイラスト「東京タワー一家」の ピンバッジ付き前売り券が発売開始になります。同時に、特報2も上映されてゆく予定です。

日本人の心に共感と感動を与える『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』。 ぜひご期待下さい。

出演:オダギリ ジョー ・ 樹木希林/内田也哉子/松 たか子/小林 薫
原作:リリー・フランキー
脚本:松尾スズキ
監督:松岡錠司

2007年4月14日(土)全国公開

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』製作委員会 (日本テレビ放送網、リトルモア、松竹、衛星劇場、三井物産、電通、扶桑社、バンダイ フィル、読売新聞、読売テレビ放送、ガンパウダー、アンシャンテ、フィルムメイカーズ)

宣伝お問い合わせ:松竹(株)映画宣伝室 TEL 03(5550)1589
                ミラクルヴォイス TEL 03(5474)1722


『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』公式サイト
http://www.tokyotower-movie.jp/


(C)2007「東京タワー 〜o.b.t.o.」製作委員会


     
ホーム ニュース 掲示板 感想文大募集!